妻の高額な慰謝料請求を阻止して協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(30代・女性・無職)との夫婦喧嘩から物に当たってしまうことがありました。その後、Yが弁護士に依頼し離婚を求めてきたため、Xさんは、ご自身での対応は限界と考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、別居中、YがXさんの給料口座の通帳を管理し、Xさんに生活費をほとんど渡していなかったこと、Yが別居中Xさんの母から生活費を受け取っていたことに着目し、婚姻費用の支払の合意がなされていなかったことを前提に、Xさんの給料口座からYが受け取った金銭の返還を求めることにしました。

当事務所の活動の結果

Xさんは、Y側から、300万円の慰謝料を請求されていましたが、当事務所は、交渉により、Yに慰謝料請求を断念させるとともに、早期に協議離婚を成立させることができました。

解決のポイント

Yは、高額の慰謝料を請求しておりましたが、別居中、Xさんに対して極めて少額の生活費しか渡していないというウィークポイントがありました。当事務所では、その点を見逃さず、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、慰謝料カットによる協議離婚を実現しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。