ギャンブル依存の妻にギャンブルをやめることを約束させて復縁した解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は、妻Y(30代・女性・パート)がギャンブルに依存し、家庭を顧みないことから、家庭内別居となり、悩んだ結果、Yと離婚しようと考え、当事務所を訪れました。

 

当事務所の活動・結果

当事務所は、当初、離婚調停を申し立てましたが、親権を失いたくないとのXさんのご意向から、方針を変更し、調停を取り下げる代わりに、Yとの間でギャンブルをやめるとの合意書を交わしました

解決のポイント

離婚ばかりが夫婦間のトラブルの解決策ではありません。

当事務所は、ご夫婦案件の豊富なノウハウに照らし、ご夫婦のやり直しもサポートいたします。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。