夫側が申立てから1か月足らずで早期に調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・専門職)は、子どもを連れて別居したY(20代・女性・専業主婦)の代理人弁護士から婚姻費用(生活費)の調停を申し立てられたため、素人では太刀打ちできないと考え、当事務所を訪れました

当事務所の活動

当事務所は、離婚調停を申し立て、ある程度まとまったお金を支払って離婚するとの方針を取ることとし、Yの代理人弁護士と交渉のうえ、離婚調停を申し立てました。

 

当事務所の活動の結果

の結果、Xさんは、申立てから1か月足らず、たった1回の期日で、ある程度まとまった額の解決金を支払い、調停離婚することができました。

解決のポイント

一般に、男性の離婚案件は、長引くと婚姻費用(生活費)がかさみ、交渉上不利とされています。

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、本件はある程度まとまった金銭を支払うことを覚悟しなければならないと判断し、そのように交渉することで、早期の調停離婚を実現しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。