不倫が疑われる妻から慰謝料を取って離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は、妻Y(30代・女性・パート)の不審な行動から、妻のメールなどから妻の不貞を強く疑い、離婚と不貞相手に対する慰謝料請求を専門家に依頼するため、当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動

Yは、Xさんから暴力を振るわれたなどと理由をつけ離婚の調停を申し立てました。そのため、当事務所は、Yの離婚の調停に対応することになりました。男性がYの家に出入りしている事実自体は明らかになっていたため、出入りに関する証拠を提出し、慰謝料の支払いを求めました

 

当事務所の活動の結果

調停が始まった当初、Yの言い分が独り歩きし、Xさんにとって不利な状況でした。そこで、Yの家に他の男性が出入りしている証拠を裁判所に提出し、調停委員にYが他の異性と不適切な関係にあったことを理解していただき、Xさんの言い分にも耳を傾けていただけるようになりました。その結果、Yは、肉体関係自体認めませんでしたが、他の男性と不適切な関係を謝罪し、一定の金額を支払いました

解決のポイント

離婚の調停においては、調停委員をいかに味方につけることができるかということが重要になります。当事務所では、多くの離婚調停に対応して参りましたので、調停委員の対応を見ながら、いかに事件処理をすればよいかという判断をすることができます。本事件においても、調停委員を味方につけたからこそ、風向きが変わり、一定の結果を得ることができたのではないかと考えております。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。