夫の不倫相手から相当額の慰謝料を取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・無職)は、夫(20代・男性・会社員)がY(30代・女性・会社員)と不倫をして夫婦関係がおかしくなってしまったため、Yに慰謝料を請求したいと考え、専門家の力を借りようと、当事務所を訪れました。

 

 

当事務所の活動

Xさんは、お子さんのために夫とやり直すこととし、Yに対し、夫に二度と近づいてほしくないし、Yに不倫をした責任をとってもらいたいと考えておられましたが、Yは、Xと夫が復縁したため自分が被害者のように考え、なかなか慰謝料の支払いに応じようとしませんでした。

そこで、当事務所は、提訴の可能性を示唆して強気に交渉することとしました。

 

 

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、Yとの間で、YがXに謝罪する、Xさんの夫に二度と接触しない、求償請求もしないなどと約束する内容の合意書を交わし、相応の慰謝料の支払いをうけることができました。

 

 

解決のポイント

不貞関係が終了した場合、不貞相手が被害意識を持つケースが時折見られます。

当事務所は、不貞慰謝料に関する豊富なノウハウに照らし、そのような場合でも慰謝料請求が可能と熟知していますので、本件においても、Yに対し、ぶれることなく強気の交渉をすることができました。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。