オンラインでのご相談にも対応しております。

妻から請求された慰謝料を大幅減額して協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Xから暴言、モラハラを受けたとする妻Y(20代・女性・会社員)から、離婚と多額の慰謝料を要求され、ご自身では解決できないと考え、当事務所を訪れました。

Xさんによれば、そのような慰謝料の原因はなく、むしろYの方に問題があるとのことであり、少々の減額では納得できないご様子でした。

 

当事務所の活動

当事務所は、Yの弁護士に対し、慰謝料請求の根拠をただすとともに、むしろYに問題があることを主張したものの、論争には深入りせず、すぐに早期解決を探ることとしました。

 

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、わずかの解決金を支払って協議離婚することができました。

Xさんは、Yの請求をほとんど封じることができ、喜んでおられました。

 

解決のポイント

事務所によっては、Yの方に問題があると強硬に主張し、離婚調停を起こすなどして、離婚問題が泥沼化していたかもしれません。

当事務所は、Yの主張に根拠が乏しいこと、かといってYの方が悪いというXの主張についても材料が乏しいことを早期に見抜き、弁護士まで付けてきたYが矛を下せる程度の解決金を支払うことで、離婚問題を早期に解決することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。