育児に協力しないDV夫から養育費を取って早期に調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・専門職)は、夫であるY(20代・男性・会社員)が育児に協力しなかったため、Yに対し何度も子とのかかわりを求めましたが無視され、また、YからDVを受けるなどしたため、Yとの離婚を決意しましたが、Yとの交渉はご自身では手におえないことから、当事務所に事件を依頼されました。

Xさんは、Yから婚姻費用(生活費)をもらえておらず、事件が長期化すると、Xさんの生活はたちまち苦しくなるのは目に見えていました。

 

当事務所の活動

そこで当事務所は、離婚調停とともに婚姻費用分担調停を起こし、調停委員を通じてYと交渉しました。

 

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、Yと早期に調停離婚することができ、Yから相当額の養育費をもらえるようになりました。

 

解決のポイント

離婚専門でない事務所であれば、Yが離婚に積極的でないこと、離婚原因となるほどのDVが存在しないことから、離婚調停が長期化していたかもしれません。

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、本件ではXの離婚意思が固いことを伝えればYが離婚に応じると判断し、再三にわたりYに離婚意思が固いことを伝えた結果、早期の調停離婚を実現することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。