離婚を迫る夫との間で十分な養育費と解決金をとり決め協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は、夫Y(30代・男性・公務員)の親に対する態度が原因で夫婦喧嘩となり、離婚を切り出されました。Xさんは、離婚したくないと思いYと話し合いを重ねましたが、その際のYの態度に気持ちが冷め、条件次第では離婚もやむなしと考えるようになりました。Xさんは、数回にわたるYとの話し合いで疲れ果て、Yの顔を見るのも嫌になってしまったことから、交渉を弁護士に依頼したいと考えて当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所はYに対し、Xさんが離婚を積極的に希望しないこと、幼い子を抱えて生活していく上で経済的な不安があることを伝え、当面の生活費として解決金を支払うよう求めました。また、養育費については、現在Xさんが育休中であること、復帰後も収入が得られるか不確定であることを考慮して定めるよう求めました。

当事務所の活動の結果

当事務所の説得により、YはXさんの要求に応じることとなりました。Xさんは十分な養育費と解決金をとり決め協議離婚することができ、今後の生活の不安を軽減することができました。

解決のポイント

当事務所の離婚協議に関する豊富なノウハウに照らし、今回は相手方が離婚を急いでいることに着目し、有利な条件で合意することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。