300万円の解決金と十分な養育費を取って協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・無職)は、Y(20代・男性・会社員)が他の女性と宿泊して遊び、家庭をかえりみないことから、離婚を決意しましたが、ご自身ではどのようにすればよいかわからず、当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動

当初、Yは、不貞の事実を否定し、慰謝料の支払いを拒んでおりました。しかし、当事務所は、女性との宿泊の事実から不貞行為を否定するのが困難であり、Yは有責配偶者に該当するため、Xさんが拒めば早期に離婚ができないことを交渉材料として粘り強く交渉しました。

当事務所の活動の結果

当事務所の活動の結果、交渉開始から約2か月で、解決金300万円、十分な養育費を取得するという内容の離婚協議書を交わすことができました。

解決のポイント

Yは有責配偶者であり今後10年近く離婚をすることができないことを材料に強気に交渉をすることができました。このように、当事務所では、豊富なノウハウに照らし、相手方のウィークポイントを探して、有利な交渉をしていくことが可能です。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。