夫の不倫相手から慰謝料を取るとともに、夫から財産分与を受け協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・無職)は、夫Y(30代・男性・会社員)がZ(20代・女性・会社員)と不貞していることを知って、離婚と慰謝料請求を決意しましたが、ご自身では手におえないことから、当事務所に事件を依頼されました。

 

当事務所の活動・結果

当事務所は、Yの代理人との間で、受任から3か月足らずで十分な養育費、財産分与等を内容とする離婚協議書を交わすとともに、養育費について、別途、公正証書を取り交わすことができました。

また、Zに慰謝料請求し、Zの代理人との間で、慰謝料の支払いを受ける合意を交わすことができました。

 

解決のポイント

ご主人の不倫が原因で、ご離婚するとともに、不貞相手に慰謝料請求するというのは、当事務所が最も得意とするケースです。

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、ご主人と不貞相手のどちらからどのように交渉すればよいかなど、最適な解決策を提示させていただきます。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。