書面による交渉で比較的早期に協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は妻Y(30代・女性・無職)に離婚を切り出しましたが、Xさんに不貞があると主張されて応じてもらえなかったため、家を出て別居中であったところ、Yと直接話し合うことは困難と考え、弁護士に介入してもらうことを決意し、当事務所を訪れました。

Xさんは、早期解決を強く希望していました。

当事務所の活動

当事務所は、まずYに対し受任通知を送ったところ、Yは書面での交渉を希望しました。

書面での交渉はやりとりに時間を要するため早期解決には不向きですが、当事務所はYとの交渉を円滑に行うためYの希望に応じた上で、交渉のペースをコントロールし、早期解決を図りました。

また、Yへの回答に際し、Xさんと細かく打合せをすることで、文面の確認にかかる時間を短縮しました。

当事務所の活動の結果

結果、交渉開始から3ヶ月、約10通の書面によってXさんとYは合意に至り、協議離婚しました。

解決のポイント

書面による交渉は、電話ないし面談による交渉よりも時間を要します。

当事務所は離婚事件の豊富なノウハウにより、交渉のペースをコントロールすることで、Xさんは比較的早期に協議離婚することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。