恋人に貸したお金を訴訟で取り戻すことができた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、男性的なY(30代・女性・パート)と交際中Yに貸したお金を返してもらえないことから、Yを被告として貸金返還請求訴訟を起こしましたが、提訴後にどのように対応してよいかわからず、専門家の力を借りようと考え、当事務所を訪れました。

 

当事務所の活動

訴訟では、お金を返す合意の有無が争点となりました。

当事務所は、決定的な証拠がないにもかかわらず、各種書面の提出及び尋問により、合意の存在を浮き彫りにしました。

 

当事務所の活動の結果

その結果、訴訟上の和解により、Xさんは、当初請求の3分の2の額ではありますが、貸金を回収できることになりました。

解決のポイント

離婚や男女トラブルにおいては、密室で行われやすい相手方とのやり取りの立証が勝敗を左右します。

当事務所は、男女トラブルの豊富なノウハウに照らし、本件において、立証困難な交際相手とのやり取りの立証に一部成功しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。