• 離婚 弁護士HOME
  • 有責配偶者の夫から財産を取られずに慰謝料を取って協議離婚できた解決事例

有責配偶者の夫から財産を取られずに慰謝料を取って協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・公務員)はY(30代・男性・会社員)が同じ職場のZと不貞関係にあることを知り,離婚を決意して当事務所を訪れました。XさんはYから十分な慰謝料をもらいたいと考えていましたが,財産分与においてはXさんがYに支払う側に回ることから,差し引きされてしまうことのないよう,専門家に依頼することを決意し,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,まずY本人と直接交渉をし,現時点において有責配偶者であるYからは離婚を求めることができない旨説明し,慰謝料の支払いに応じるよう求めました。その後,Yは財産分与との差し引きなどを要求してきましたが,当事務所はこれに応じず,十分な慰謝料をお支払いただけないのであれば離婚しないという姿勢を示し続けました。

 

当事務所の活動の結果

交渉開始から約3ヶ月が経過した頃,Yは慰謝料の減額を諦め,Xさんの希望する金額で合意することとなりました。結果,XさんはYに財産分与を取られることなく慰謝料をもらってYと離婚することができました

 

解決のポイント

当事務所は離婚・男女問題に関する豊富なノウハウに照らし,ご夫婦の事情に応じて交渉方法を選択することで,依頼者に有利な交渉を行い,よい結果を得ることができました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い