• 離婚 弁護士HOME
  • 離婚訴訟で相手方に不貞を認めさせ離婚を阻止し親権を確保できた解決事例

離婚訴訟で相手方に不貞を認めさせ離婚を阻止し親権を確保できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は,Y(40代・女性・会社員)が他の男性と遊びに行ったことをとがめたところ,Yは,お子さんを連れて実家に帰り別居してしまいました。Xさんは,お子さんを取り返したいと考えましたが,どのようにしてよいかわからず,専門家の力を借りようと決意し,当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動

Yは,実家の援助を受けながらもお子さんの監護をし,その監護が特に問題なかったため,親権を争うことは極めて困難でした。そこで,当事務所としては,Yが不貞行為をし,有責配偶者にあたるため離婚できないという争い方をすることにしました。

当事務所の活動の結果

当事務所は,訴訟の尋問の中で,Yに同居中,男性とホテルで一緒に泊まったことがあること,別居から数年後に男性と同棲していたことを認めさせました。その結果,判決では,同居中の宿泊行為から有責配偶者の主張が認められ,離婚を阻止することができました。離婚を阻止し,親権を確保したことにより,お子さんとの面会が順調にできており,Xさんは大変満足しておられました。

解決のポイント

当事務所では,離婚事件を多く扱うからこそ,依頼者にとって最適な主張をして争うことができると考えております。探偵の調査報告書などがなくとも相手方から供述をひき出すなどして,不貞の事実を認定させることも可能です。本件のように,親権を争うことは難しくても離婚を防ぐことでお子さんとの関係を維持することができる場合がありますので,是非とも一度ご相談ください。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い