オンラインでのご相談にも対応しております。

暴力、DVと離婚

暴力と離婚
  • 夫の暴力が日常化し、びくびくして生きた心地がしない
  • 子どもに危害を加えないか心配・・
  • 夫との離婚を考えているが、過去に夫から暴力を振るわれたことがある

このような方は多いようです。

DVを受けた方は、身体に怪我を負うだけでなく、フラッシュバックによりパニックを起こすなど、心の傷は深いものとなりがちです。

DVは、加害者によって、「口で言ってもわからないから。」などと正当化されやすいといえます。
しかし、DVは重大な違法行為です。

  • DV、暴力は、強度であればそれだけで、また、そこまででなくても他の事情とあいまって、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚原因となります。
  • DV、暴力は、慰謝料の請求原因ともなります。
  • 配偶者等へのDVは、暴行罪や傷害罪を構成するとともに、DV保護法の規制を受け、DV保護命令に違反すると、刑事罰の対象となります。

このケースでは、まずは、勇気をもって、夫に気づかれないように、警察や配偶者暴力相談支援センターに相談することが大切です。

弁護士は、DVそのものを阻止するというよりも、刑事告訴、DV保護命令申立、離婚などの手続を代理するものとなります。

女性無料相談実施中のバナー

DV、暴力に関するその他の記事はこちら

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。