調停離婚

調停離婚
  • 相手と話し合いがつかず、調停を申し立てたい・・
  • 調停の手続がどのように進むのかよくわからない
  • 相手から調停を申し立てられてしまったが、どう対応すればよいかわからない・・

そうしたお悩みをお持ちの方は多いようです。

調停は裁判所の場を借りた話し合いですので、ざっくばらんに話せばよいと思う方もいらっしゃるようです。

しかし、誤解を恐れずに言えば、調停には「作法」があります。

それは、調停室に交互に入る、といった明らかなものから、話の持って行き方、書類の出し方、押し引きのポイントといった、目に見えないものまであります。

そうした作法を知らずに、ひたすら自分の言いたいことを言うのでは、ポイントのずれた話に終始したり、まとまる話もまとまらなかったり、知らぬ間に立場を不利にしてしまったりするおそれがあります。

とくに、男性が調停を申し立てられた場合は、要注意です。

調停は公正中立であるというのが建前ですが、当事務所の知る限りでは、男性が離婚調停で思いのほか不利に扱われることが多いようです。

また、女性も、相手から頑強に自身の主張を貫かれると、いつの間にか、養育費も財産もいらないから離婚してほしい、などという羽目になることもあります。

ですので、当事者の協議の場ならまだしも、調停の場に丸腰で臨むのは危険です。

当事務所は、姫路などの裁判所における数々の離婚調停の経験から、離婚調停について膨大なノウハウがあり、担当裁判官、調停委員に合わせたきめ細かな対応まで可能です。

ですので、離婚調停に臨まれる方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

女性無料相談実施中のバナー

離婚に関するその他の記事はこちら

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。