オンラインでのご相談にも対応しております。

面会交流(面接交渉)の基準

面会交流基準
面会交流が裁判所で認められる基準は、抽象的には、子どもの利益や福祉にかなうかどうかです。
具体的には、
  1. 子の心身の状況
  2. 監護状況
  3. 子の意思
  4. 年齢
  5. 監護教育に及ぼす影響
  6. 父母それぞれの意思
  7. 葛藤・緊張関係の程度
  8. 面接についての父母の協力が可能であるか
  9. 申立ての目的
  10. 別居親との距離
などから総合的に判断します。

実際は、子を監護する親は、子どもの面会を快く認めるかといえば、そうでない場合も多いようです。

他方、子を監護しない親は、子と面会できないでもどかしい思いをすることが多いようです。

女性無料相談実施中のバナー

面会交流(面接交渉)に関するその他の記事はこちら

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。