別居中の子の親権も確保し、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・パート)は、Y(30代・男性・会社員)からのモラハラが原因で体調不良となり、お子さん3人のうち長男を除く2人を連れて別居中でした。

XさんはYに離婚を切り出しましたがYはこれに応じませんでした。XさんはYに対する恐怖心からこれ以上の直接交渉は難しいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yに対し、調停・審判となった場合に親権はXさんに有利であることや、協議段階で離婚をするメリットなどを説明し、Yとの交渉を行いました。

当事務所の活動の結果

結果、Yは長男を含めた3人の子の親権をXさんとすることに合意し、Xさんは約2ヶ月後にYから長男の引渡しを受け、約3ヶ月後には協議離婚をすることができました。

Xさんは、受任から離婚に至るまでの間一切Yと顔を合わせることがなく、体調が次第に良くなってきているとのことでした。

解決のポイント

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウから、調停・審判となった場合の見通しや協議離婚のメリットを説明した結果、相手方の納得を得て、協議離婚を成立することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。