会社を経営する夫から3000万円の財産分与を受け和解離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(60代・女性・専業主婦)は、夫であるY(60代・男性・会社経営者)を長年支えてきたにもかかわらず、YからDV、モラハラ等の仕打ちを受けるなどしたことから離婚を決意し、Yと別居していました。

Xさんのご希望は、Yから多額の財産分与を受けて離婚することでした。

Yは、預貯金、株式、投資信託等の多額の金融資産を持っていましたが、その詳細が明らかでないため、財産調査が不十分なままでは、XさんがYから多額の財産分与を受けることは困難でした。

 

当職の活動

当職は、離婚訴訟において、Yの膨大な財産を丹念に調査するとともに、Yの言い分の矛盾を1つ1つ指摘しました。

 

活動の結果

その結果、裁判所から有利な和解勧告を引き出し、Xさんは、Yから3000万円もの財産を取得して離婚することができました。

 

解決のポイント

会社経営者の資産は、不動産、預貯金、株式、投資信託など多岐にわたります。

それぞれの資産に合った方法で丹念に財産を調査したことが多額の財産分与につながりました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。