夫婦共有の建物を子に贈与し、自身も財産分与、年金分割を受けて協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・パート)は、お子さんたちが成人したため、関係が冷め切った夫Y(50代・男性・会社員)と離婚しようと思いましたが、自分達だけでは話がまとまりそうにないことから、弁護士事務所を訪れることを決意し、当事務所にご依頼されました。

 

当事務所の活動

当事務所は、度重なる交渉において、双方の接点を見出すことに集中しました。

 

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、ご希望のとおり夫婦共有の建物を子に贈与するとともに、Xさん自身もYから相当額の財産分与、年金分割を受ける形で協議離婚することができました。

解決のポイント

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、本件では、条件次第で離婚することは可能と判断し、離婚の条件について双方の接点を見出すことに集中した結果、双方が納得する協議離婚を導くことに成功しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。