社会的地位の高いDV、モラハラ夫と協議離婚し、面会交流の道筋をつけられた解決事例

ご相談

Xさん(40代、女性、無職)は、Y(40代、男性、専門職)と婚姻し、子どもをもうけました。

しかし、たびたび精神不安定になり、DVやモラハラに及ぶYから避難するため、帰省を装って子どもを連れ実家に帰り別居しました。

Xさんとしては、もはやYのもとへ帰るつもりはないことから、Yを刺激しないよう離婚したいと考え、当事務所に相談に来ました。

当事務所の活動

当事務所は、XさんがYとのやり取りに苦慮していたことから、早めに弁護士がついたほうが良いと判断し、

別居の長期化によりYのXさんらに対する執着が薄れたタイミングで、Yと協議を開始することにしました。

Xさんは、精神的に不安定なYへの対応に苦慮する都度、当事務所に相談することができました。

また、その間、YのXさんやお子さんに対する虐待やそのおそれについて、情報共有を図りました。

そして、ご依頼から1年以上経過し、Xさんから了解を得て、Yに受任通知し、交渉のため来訪を求めました。

来訪したYは、一見すると紳士的であり、DV、モラハラなどしそうにないように見えました。

ただ、注意深く話を聞いていると、Yは、DV、モラハラのくだりになると、あいまいな話に終始したり、自己弁護をしたりしました。

当事務所は、YのDV、モラハラを確信し、協議離婚に応じない限り、被害届提出を含むさまざまな法的手段をとると伝えました。

すると、Yは弁護士をつけ、弁護士から連絡がありました。

当事務所は、これまでのいきさつとそれを裏付ける証拠についてYの弁護士に伝えたところ、Yの弁護士も、争う余地が乏しいと判断したようでした。

Yは、社会的立場があることから、調停や刑事事件を極力避けようとしているようでした。

 活動の結果

その結果、Xさんは、高額の養育費と解決金を取得するとの条件で協議離婚することができました。

Xさんは、Yの支配から逃れることができたと、大変喜んでいました。

当事務所は、Yとお子さんとの面会交流に道筋をつけたところで、任務を終了となりました。

 解決のポイント

離婚案件については、受任後すぐに交渉するのではなく、別居期間を稼ぐなど、しばらく時間をおいてから交渉した方がよいことがあります。

また、別居や離婚交渉に至るまで、様々なご相談に乗った方がよい場合があります。

本件では、早い段階で事件を受任し、様々なご相談に乗りつつ、機が熟してから、交渉し、一気呵成に結論を得ることができました。

離婚を検討の方は、早い段階で弁護士に相談することをお勧めします。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。