オンラインでのご相談にも対応しております。

忙しい公務員の夫とワンチャンスで公正証書を調印し協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・主婦)は、妊娠・出産後も、多忙な夫Y(30代・男性・公務員)とその実家から、資格の勉強を強いられるなどのモラハラにより、心の病になり、家庭内別居状態を経て、お子さんを連れご自身のご実家に帰り別居しました。
Xさんは、これまで何回もYに離婚を切り出しましたが、いずれも無視され、ご自身ではどうすれば離婚できるかわからず、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Xの代理人として、遠方のYとたびたび電話や手紙で交渉しましたが、Yは、「なぜ離婚を決意したのか」、「子どものことをどう思っているか」などと質問するばかりで、全く離婚の話が進みませんでした。
そこでやむをえず、当事務所は、Xさんの了解を得て、Yに離婚調停申立てを予告したところ、Yは「脅迫である」などと頑強に抵抗し、かえって話がこじれそうになったため、Xさんの強いご希望により、再度、時間をかけて協議離婚を模索することとなりました。

当事務所の活動の結果

しかし、その後何度も交渉を試みても、いっこうに話が進まないため、当事務所は、もはやこれ以上協議は困難と判断し、Xさんの了解を得て、離婚と婚姻費用の調停を申し立てました。
すると一転して、Yが早期に解決したいとの意向を示してきたため、遠方におり多忙なYとのスケジュールをどうにか調整し、ワンチャンスで離婚協議書・公正証書の調印を行い、Xさんは、Yと協議離婚することができました。

解決のポイント

一般的に、公務員など社会的立場のある夫は、世間体を気にしたり、多忙であることを理由として、調停や訴訟を大変いやがり、妻を恫喝したり、泣きついたりして抵抗する傾向があります。
ただ、その抵抗に屈して調停や訴訟を申し立てないと、夫の思うつぼとなり、かえって解決が長引きます。
本件では、Xさんが、当事務所の説得に耳を傾け、勇気を出して離婚調停申立てを決意していただいたことが、急転直下の協議離婚成立につながりました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。