たった2回の交渉で、感情交流が困難な夫から総額1000万円以上の財産分与

ご相談

Xさん(40代・女性・パート)は、高学歴・高収入だが感情理解が困難な夫Y(50代・男性・会社員)との生活に疲れ果て、離婚を決意しましたが、ご自身で夫とやりとりするのはとうてい無理と考え、別居前の段階で当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、別居前からのフォローが必要と判断し、Xさんの依頼をお受けして別居のフォローを行いました。

そして、Xさんの別居後すぐに、Yに受任通知を行い、主にYの退職金の分与について交渉しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、たった2回の来訪交渉を経て、総額1000万円以上の財産分与、養育費を受け、協議離婚することができました。

解決のポイント

Yは、他人の感情を理解することが困難であり、アスペルガーの疑いがあるとのことでした。

当事務所は、Yが機械的な処理には理解を示すことを逆手に取って、感情に訴えることなく、ひたすら理論と計算により交渉した結果、十分な金額の財産分与と養育費を受け取ることに成功しました。

当事務所は、離婚事件の豊富なノウハウに照らし、アスペルガーの(疑いのある)ご主人との交渉についても、自信がありますので、お気軽にご相談ください(もちろん、アスペルガーの方を差別する趣旨ではありません。)。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。