当初は離婚を拒んでいたDV・モラハラ夫と条件をきちんと取り決めて協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・公務員)は、Y(30代・男性・自営)からDV、モラハラを受け、Yと離婚したいと考えましたが、ご自身でYに対して離婚を切り出せば、Yからどのようなことを言われるか分からず、Yに言いくるめられてしまうのではないかという不安が大きかったため、どのように進めて行けばよいか分からず、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、XさんがYと別居した後、Yとの交渉を始めましたが、Yも弁護士に依頼したため、Yの代理人弁護士を通じて、Yに対して、Xさんの離婚の意思が固いことを伝え、粘り強く交渉を続けました。

すると、Yが、条件次第では離婚に応じるという姿勢に転じたため、Xさんが最も気にしていた養育費や不動産の処理についての条件の交渉を進めました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、自営業のYから十分な養育費の支払いを受けるとともに、Xさんがお子様らと一緒に自宅に住みつづけるという条件を取り決めたうえで、協議離婚をすることができました。

Yは、過度な面会交流を求めてきていましたが、Xさんやお子様らにできる限り負担の少ない方法での面会交流の取り決めをすることができました。

また、Xさんは、Yと直接話をする必要がありませんでしたので、安心して日常生活を送ることができました。

解決のポイント

モラハラ夫が離婚を拒んでいる場合、ご自身で話し合いをすること自体が大変お辛いことかと思われます。

また、ご自身で話し合いをしたとしても、都合のいいように言いくるめられ、自分が間違っているかのように思ってしまい、結局離婚の話が全く進まず、しんどい日々が続いてしまうことが往々にしてあります。

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、当初は離婚を拒んでいたモラハラ夫と条件をきちんと取り決めたうえで、協議離婚を成立させるという結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。