養育費を支払わず行方をくらました男性の新職場の給料を差し押さえ、養育費を回収できた解決事例

できた解決事例

ご相談

未婚の母であるXさん(30代・女性・学生)は、お子さんの父であるY(30代・男性・会社員)との間で養育費の支払いを受けるとの調停を成立させましたが、Yが養育費の支払いを滞ったまま行方をくらましたため、お子さんのために、何が何でも養育費の支払いを確保したいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yの現住所を調査して、Yに未払いの養育費を支払わせるとともに、Yの新職場の給料を差し押さえました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、未払いの養育費と今後の養育費を確保することができ、大変喜んでおられました。

解決のポイント

養育費の不払いのケースでは、多くの女性が泣き寝入りをしていることと思います。

この点、当事務所は、養育費回収に関する豊富なノウハウを有し、回収に自信があります。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。