オンラインでのご相談にも対応しております。

アスペルガー症候群?の夫と離婚を決意!離婚話を進めるには?相談事例に弁護士が解説!

質問

離婚の意思を固めました。

●歳年上の夫と結婚して●年目。

●代から付き合い、別れたり付き合ったりを繰返し、●歳の時に涙を流しながら、絶対幸せにする!という言葉を、これで最後だと信じ結婚しました。

結婚当初、アパートで暮らしていましたが、旦那の勤務する会社の経営が不安定になり、収入が減り月々●万しか貰えませんでした。

毎月、自転車操業しながら貯金を取り崩していましたが、結局やりくり出来なくなりカードで借金を作りながら毎日苦しかった。

旦那は、一人暮らしをした事も無いので、その生活が苦しい事にも気付かず、何も協力せず、すぐ怒り、物にあたる有様でした。バカだった私は、私が少し我慢すればと思い、怒られて喧嘩をするくらいならと苦しい事は話しませんでした。

自分の親にも恥ずかしくて話せず、しかし、このままでは生きていけないと思い、子供の妊娠と共に婿にきてもらったので、私の実家に入りました。

が、うちの家族が嫌いなのと、自分が一番な彼は同居●年の今も、自分の居場所を作れず、気に入らなければ表情にだし、怒りだします。

そして、この家にいるのがストレスだと、私には許せない一言を発しました。その一言で、私の頑張ってきた気持ちは崩れ、その瞬間、離婚の決意をしました。

病院には言っていませんが、夫はアスペルガーだと思います。なので、話し合いをしても話し合いになりません。

妊娠中、私が階段から落ちても部屋から出てこなかった旦那です。

その時気づけば良かった。

思いやりの無さに、もう何を言われても気持ちがもどらず、睡眠障害と逆流性食道炎と体重の減少の症状がでて、精神的にもう限界です。

離婚への話し合いが進まない事で悩んでいます。

弁護士からの回答

ご主人がアスペルガー症候群であるとすると、相談者様のご苦労や気持ちを理解することができず、ご本人同士で話し合いすることは難しいでしょうし、相談者様が、精神的に大変お辛く、体調にも異変をきたしてしまっている状況ですので、これ以上ご本人同士で話し合いをするのは、相談者様のご負担が大きすぎるかと思われます。

離婚に際しては、相談者様にはお子さんがいますので、親権や養育費についてきちんと取り決めなければなりませんし、財産分与や、相談者様がこれまで辛い思いをしてきたことについて慰謝料を請求したいのであれば、慰謝料の話もしなければなりません。

また、現在、ご主人は相談者様のご実家に住んでいますが、離婚するにあたって、ご実家から出て行ってもらう必要があります。

ご主人は、この家にいるのがストレスだなどと言っていますが、すんなりと家を出て行ってくれるかは分かりません。

もし、ご主人が、家を出て行かないなどと言う場合には、この点についても話し合う必要があります。

さらに、相談者様は、これまで生活のやりくりに苦労されてきたことと思いますが、離婚後の生活についても考えておくほうがよいでしょう。

ご実家に住む場合には、児童扶養手当はもらえない可能性があることなど、離婚後の生活のアドバイスも受けておいた方がよいです。

このように、離婚をするとしても、条件をきちんと決めておくべきですが、ご主人がアスペルガーかもしれないことや、相談者様のご負担を考えると、弁護士等の第三者が間に入って、ご主人と話し合いを進めて行くのがよいかと思われます。

質問に対する回答は以上ですが、これ以上お一人で悩まれるのは大変お辛いことかと存じますので、お近くの弁護士にご相談されることをお勧めします。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。