現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

住宅,住宅ローンと離婚,財産分与

NO IMAGE

住宅,住宅ローンと離婚,財産分与

ご離婚に伴い,たとえば夫婦が住んでいた夫名義の住宅(土地建物)はどうなるのでしょうか。住宅,住宅ローン

ここでは,よくある夫が住宅ローンの債務者である場合を念頭に説明します。

離婚後の住宅の処理については,大きく分けて,

  1. 夫が住む
  2. 妻が住む
  3. 任意売却する

の3つの方法があります。

夫が住む場合

夫が住む場合は,複雑な問題は生じません。

ただ,財産分与の対象となる住宅を夫が丸取りすることになるので,その分,妻が夫の他の財産を分けてもらえることになります。

妻が住む場合

妻が住む場合は,住宅を妻名義に変えるのが原則です。離婚後に夫婦間で貸借等の権利関係を残すのは,新たな紛争の原因となるからです。

さらに,住宅ローンが残っている場合は,住宅ローンも妻に移すのが原則となります。離婚後に妻が住む住宅に関する住宅ローンを夫が負担するいわれはないからです。

その場合,住宅の所有権移転,住宅ローンの移転のいずれについても,金融機関の承諾が必要となり,通常,資力ある債務者を立てることが要求されます。

金融機関の承諾が得られない場合は,住宅や住宅ローンは夫名義のままにしつつ,妻が夫から住宅を借りることになり,通常,賃料を支払うことになります。

ただ,妻が夫に賃料を支払っていても,夫が住宅ローンの支払いを怠れば,住宅の競売や任意売却により住宅を出ていかなければならないというリスクがあります。

任意売却する場合

任意売却する場合は,もし住宅ローンの残額が売却代金を上回るときは,住宅ローンの残額と売却代金との差額を支払う必要があります。

住宅を任意売却する場合は,たんに近くの不動産業者にお願いすればよいというわけではありません。

後日の権利関係をめぐるトラブルを防止し,売却条件で損をしないためにも,住宅ローンの処理に強い弁護士に相談しつつ,任意売却の専門家に任意売却をお願いすることをお勧めします。

当事務所は,これまで,住宅ローンの処理を多数行っておりますので,安心してご相談ください。

財産分与に関するその他の記事はこちら

>お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください

離婚の悩みはしんどいものです。
当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。
一人で悩まず,お気軽にご相談ください。
秘密は厳守します。
TEL:0120-500-255