現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。

財産分与の対象となる財産

NO IMAGE

財産分与の対象となる財産

財産分与の対象となる財産のことを,分与対象財産といい,原則として,別居時の夫婦の財産(借金も含む)すべてです。

ただし,これらの中に,夫や妻の特有財産(固有財産)(婚姻前に夫婦各々が取得した財産や婚姻中でも贈与・相続により取得した財産)が混ざっている場合は,それらを除いたものが分与対象財産となります。

財産分与の対象となる財産としてよく挙がるのは,

・不動産

・現金

・預貯金

・株式(とくに従業員持株)

・投資信託

・保険(解約返戻金があるもの)

・退職金(退職が間近い場合)

・借金(とくに住宅ローン)

などです。

保険や退職金は忘れがちなので,気をつけましょう。

 

また,最初は夫(妻)にはあまり財産はないと思っていても,実際よく調べると,思った以上の額になることがありますので,財産調査は重要です。

ただ,ご自身での財産調査には限界がありますので,お困りの場合は,お気軽に当事務所にご相談ください。

財産分与に関するその他の記事はこちら