現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。      1月20日に離婚サイトをリニューアルしました。

Q 住宅,不動産がオーバーローンの場合の財産分与

NO IMAGE

Q 住宅,不動産がオーバーローンの場合,財産分与はどうなりますか?

住宅,住宅ローン離婚に伴う財産分与において,住宅,不動産の処理が問題となることが多いのですが,その中でも,オーバーローンの場合特有の問題があります。

それは,住宅を売却し,併せて住宅ローンを処理しようとした場合の問題です。

よく,「住宅を売って,売却代金を住宅ローンの返済に充て,残った住宅ローンを返し続ければよい。」などと考える人がいますが,それは甘いと言わざるをえません。

金融機関は,住宅ローンが無担保になることを許しませんので,住宅の売却代金と残った住宅ローンとの差額を売却時に返済することを求めます。

そこで,この差額をご夫婦のいずれが用意するか,という問題が生じます。

こうした場合,いずれか一方が他方より多く差額を提供することが多いのですが,後日,他方にその精算を求めても,精算に応じてもらえないおそれがありますので,もめやすいといえます。

このように,住宅,不動産がオーバーローンの場合の財産分与には,特有の問題があり,権利関係の処理を間違えずに行う必要があります。

当事務所は,宅建取引士(従来の宅建主任)の資格を有する弁護士が在籍するとともに,有力な不動産会社様と連携し,住宅ローンの処理について豊富な実績があります。

安心してご相談いただければと思います。

財産分与に関するその他の記事はこちら