別居中の子の親権も確保し,協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・パート)は,Y(30代・男性・会社員)からのモラハラが原因で体調不良となり,お子さん3人のうち長男を除く2人を連れて別居中でした。XさんはYに離婚を切り出しましたがYはこれに応じませんでした。XさんはYに対する恐怖心からこれ以上の直接交渉は難しいと考え,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,Yに対し,調停・審判となった場合に親権はXさんに有利であることや,協議段階で離婚をするメリットなどを説明し,Yとの交渉を行いました。

当事務所の活動の結果

結果,Yは長男を含めた3人の子の親権をXさんとすることに合意し,Xさんは約2ヶ月後にYから長男の引渡しを受け,約3ヶ月後には協議離婚をすることができました。Xさんは,受任から離婚に至るまでの間一切Yと顔を合わせることがなく,体調が次第に良くなってきているとのことでした。

解決のポイント

当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウから,調停・審判となった場合の見通しや協議離婚のメリットを説明した結果,相手方の納得を得て,協議離婚を成立することができました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い