現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。      1月20日に離婚サイトをリニューアルしました。

嫁姑問題と離婚

NO IMAGE

嫁姑問題を理由に離婚できるか

嫁姑嫁姑問題でお悩みの方から「こんな理由で離婚できるのでしょうか」とのご質問を受けることがあります。

嫁姑問題はどこの家庭にも少なからず起こるものですし,ご夫婦の問題とは直接関係しないものですから,離婚の理由になるのかどうか,ご心配に思われる方もいらっしゃるようです。

しかし実際は,嫁姑問題を理由にご離婚されるケースは思いのほか多くみられます。

嫁姑問題が勃発しているにも関わらず,夫が嫁姑関係を修復するための努力をしなかったような場合には,裁判においても夫婦関係が破綻していると判断され離婚が認められています(盛岡地裁遠野支部昭和52年1月26日判決など)。

嫁姑問題が原因で離婚となる場合は,双方の家族が総出となって対立し,感情的になりやすいため,争いが激化する傾向にあります。

話がこじれる前に弁護士を入れて,早期解決を目指すのがおすすめです。

当事務所は離婚・男女関係に特化しておりますので,嫁姑問題についても前例等を参考にアドバイスをさせていただくことが可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

Q 嫁姑問題が原因での離婚事例を知りたい

結婚は互いの家族を繋ぐものですから,嫁姑問題は避けて通れないものです。姑が相手だと強く反論できず,夫に相談しても味方になってもらえず,家族内の問題なので人にも相談しづらく,ひとりでストレスを抱え込んでしまう方が多いようです。中にはご離婚を決意される方もおり,嫁姑問題とご夫婦問題は切っても切れない関係にあります。

 

実際,嫁姑問題が原因で離婚となった事例は多数存在しています。例えば,盛岡地裁遠野支部昭和52年1月26日判決は,姑から「ご飯を食べるときの口の開け方が悪い」「箸の持ち方が悪い」「掃除の仕方が悪い」などの嫁いびりを受けて妻が夫に相談したにも関わらず,夫が誠意を持った対応をすることがなかったため,結婚から2年で夫婦が別居し,妻から離婚を請求した事例について,婚姻を継続し難い重大な事由があるとして,離婚請求を認めました。

 

また,名古屋地裁岡崎支部昭和43年1月29日判決は,夫の実家の家業を手伝っていた妻が,姑舅から小言を言われるようになり嫁姑関係が不和となったにもかかわらず,夫が積極的に仲を取り持つ努力をしなかったために,婚姻から約半年で夫婦が別居した事例について,夫が積極的に家庭内の不和の原因を解消し円満を取り戻すよう努力するなど,婚姻関係を維持するための誠意を示さなかったことなどから,婚姻関係を継続し難い重大な事由があるとして,妻からの離婚請求を認めました。

 

嫁姑問題が原因で離婚となる場合,家族間の対立になり話がこじれやすい傾向にありますので,早めに弁護士を入れるのがおすすめです。当事務所は離婚・男女関係に注力しており,嫁姑問題についてもじっくりとお話をうかがい,積極的にご相談をお受けしております。どうぞお気軽にご相談ください。

マザコン夫と離婚したい