Q 年金分割について知りたい,年金がどう分けられるのか知りたい


年金分割って何だろう,初めて聞く言葉だし,年金分割をするとどうなるのか全く分からないと思われる方が多いかと思います。普段耳にする言葉ではないので,そのように思われるのも当然ですから,年金分割についてご説明します。


老齢厚生年金の金額の算定は,平均標準報酬額をもとにします平均標準報酬額とは,支給を受けた給与と賞与の平均額のことであり,これに対する配偶者の貢献があり,報酬の一定割合が保険料として納付されるので,保険料の納付にも配偶者の貢献があることになります。そこで,婚姻期間中の標準報酬額を按分割合により分割改定し,改定された標準報酬をもとに年金を計算することにより年金が分割された形にすることを,年金分割といいます。年金分割の対象は,厚生年金の報酬比例部分ということになります。


年金分割には,合意分割3号分割という2種類があります。


合意分割とは,夫と妻が,分割することと按分割合について,話し合いで合意するか合意できない場合には,夫婦のどちらか一方が家庭裁判所に申し立てて調停審判で決めることをいいます。このように,合意分割では,夫婦で合意をするか,調停や審判により年金が分けられるということになります。調停や審判で年金分割をするのではなく,夫婦の合意でする場合には,年金分割の合意を公正証書にしておくべきです。合意分割をするには,双方が一緒に年金事務所に行って合意を確認してもらう必要があるのですが,離婚後に一緒に年金事務所に行くということは期待しにくいためです。


3号分割とは,被扶養配偶者,たとえば専業主婦だった人が,年金事務所に申請すれば,自動的に按分割合2分の1で分割されるというものです。年金分割をするために,按分割合を夫婦で合意する必要がないということです。3号分割ができるのは,平成20年4月1日以降の婚姻をしていた期間のみです。したがって,平成20年4月1日より前の期間については3号分割の対象にならないため,按分割合を取り決める必要があります。


年金分割を請求することができるのは,離婚から年以内であるため,注意する必要があります。


年金分割という言葉からすると,たとえば,夫が年金を受け取るときに,その年金の一部を現金で支給されるというイメージを抱くかもしれません。しかしながら,年金の一部を現金で分けてもらうというわけではなく,年金を算出するための基礎となる標準報酬月額を,按分割合に基づいて分けてもらい改定されるということになるのです。


年金分割とはこのようなものですが,自分の置かれた具体的な状況のもとでは,年金分割がどのようになるのか分からず不安なこともあるかと思います。


当事務所は,年金分割についてのご相談も多く受けており,  ノウハウを蓄積しておりますので,自分の場合には年金がどう分けられるのか知りたいとお悩みの際は,お気軽に当事務所までご相談ください。

 

    ⇒年金分割に関する記事はこちら!

 

離婚Q&A

年金分割

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い