現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。      1月20日に離婚サイトをリニューアルしました。

慰謝料と時効

NO IMAGE

慰謝料と時効

時効期間

不貞(不倫)やDVによる慰謝料は,被害者等が損害および加害者を知った時から3年間行使しないと時効消滅します(民法724条1号)。

したがって,不貞は,被害者等に発覚しない限り,3年の時効にはかかりません。

それでも,不貞やDVから20年間行使しないと,時効消滅します(民法724条2号)。

ただ,不貞やDVは,1回きりのことは少なく,通常複数回行われます。

では,こうした継続した不貞やDVの場合の3年の始まりはどうなるでしょうか。

継続した不貞やDVの場合,最後の不貞やDVから3年とするか,個々の不貞やDVから3年とするかは,不貞やDVの期間,頻度などの状況によります。

後者の場合,最初のほうの不貞やDVについては時効にかかってしまっている,ということもあります。

なお,不貞やDVの慰謝料ではなく,不貞やDVが原因でご夫婦が離婚した場合の,離婚そのものによる慰謝料は,離婚から3年で時効にかかります。

時効の援用

時効で当然に慰謝料を請求できなくなるのではありません。

相手から時効を主張(「援用」といいます。)されて初めて請求できなくなります。

ただ,慰謝料を請求すれば,相手もネット情報などで時効を援用することが多いです。

慰謝料を時効にかけないためにも,早めに弁護士へご相談されることをお勧めします。

慰謝料に関するその他の記事はこちら