ダブル不倫の場合の慰謝料はどうなりますか?

不倫をした当事者同士に配偶者がいると,配偶者と離婚をするかどうかによって場合分けをして検討しなければなりません。

話を分かりやすくするため,登場人物をA,B,C,Dとし,AとB,CとDが婚姻しており,BとCが不貞をしていたことを前提として記載させていただきます。以下のいずれの場合も,AとDはBとC双方に対して慰謝料を請求することができますが,どのような解決を図ることが多いか検討していきます。

(1)双方の夫婦が離婚をしない場合

この場合,AとDは,離婚をしない以上,配偶者の不貞相手に対して慰謝料を請求することが通常です。したがって,AはCに対する請求,DはBに対する請求をすることが一般的です。双方の夫婦は離婚していない以上,夫婦の財布は基本的に一緒とみてよいはずなので,Aの請求とDの請求を差し引きし,双方何らの請求をしないといった解決をすることが考えられます。

しかし,AとDは被害者意識が強いため,ゼロで納得しないことも考えられます。そうすると,話し合いでまとまらず訴訟になり得ます。しかし,Aの請求とDの請求によって認められる慰謝料の金額は同程度の金額になる可能性が高く,訴訟を提起しても弁護士費用や時間が無駄になるだけです。したがって,もし,AまたはDのいずれかが少しの金額を受け取ることで納得するのであれば,低額の解決金を支払って解決するということもあり得るでしょう。

(2)双方の夫婦が離婚をした場合

この場合,AとDは,BとCの一方または双方に対して慰謝料を請求することが考えられます。仮にAとDが請求できる金額をそれぞれ総額200万円だとします。

AがB(C)から200万円の支払いを受けると,AはC(B)からそれ以上の支払いを受けることができません。この場合は,B(C)がC(B)に対して100万円程度求償請求していくことになります。

AがB(C)から100万円の支払いを受けると,AはC(B)から残り100万円の支払いを受けることができます。

DのBとCに対する請求もAの請求と同様の結果になります。

双方の夫婦が離婚をした場合,B,Cは,それぞれA,Dの双方から慰謝料を請求される可能性があり,慰謝料の支払い金額が高額になるおそれがあります。

(3)一方の夫婦が離婚をした場合

一方の夫婦が離婚をした場合,離婚した側は,離婚という重大な結果が生じているので,慰謝料の金額が増額される傾向にあります。他方,離婚をしていない側は,慰謝料の金額が低くなる傾向にあります。

仮に,AB夫婦が離婚をしたとし,Aが請求できる金額を総額200万円,Dが請求できる金額を総額100万円とします。

AがB(C)から200万円の支払いを受けると,AはC(B)からそれ以上の支払いを受けることができません。この場合は,B(C)がC(B)に対して100万円程度求償請求していくことになります。

AがB(C)から100万円の支払いを受けると,AはC(B)から残り100万円の支払いを受けることができます。

他方,DC夫婦については,離婚をしないため,DはBのみに対して慰謝料を請求することが多いでしょう。DがBから100万円の支払いを受けると,BはCに対し50万円程度求償請求していくことになります。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00
姫路で離婚相談なら女性に注力するひいらぎ法律事務所
姫路の離婚相談のご予約

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

姫路の離婚相談「ひいらぎ法律事務所」の地図
事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い