現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。

外国人と離婚

NO IMAGE

外国人の離婚は日本人と違いますか?

日本国内では協議離婚が一般的な離婚方法として認知されています。しかし,世界に目を向けた場合,裁判所の関与なしには離婚を認めない国は少なくありません。

国際的な離婚のポイントは,以下のようになります。

  • どこの国の裁判所に管轄があるのか
  • どこの国の法律が適用されるのか

まず,どこの国の裁判所に管轄があるのかですが,最高裁判決によれば,離婚そのものについては,原則として被告が住んでいる国の裁判所に管轄があるとされています。
次に,どこの国の法律が適用されるのかですが,法の適用に関する通則法27条によれば,離婚そのものについては,夫婦の一方が日本人であり日本で生活している場合は,日本の法律が適用されますが,それ以外の場合は,単純には決まりません。

さらに,外国法が適用される場合は,その外国法が協議離婚を認めているか等により,協議離婚,調停離婚,審判離婚が認められるかどうかが影響を受けます。

また,離婚そのものではなく,親権者指定等の離婚の付随的事項については,どこの国の法律が適用されるのかを離婚そのものとは別個に検討する必要があります。

このように,国際離婚は,複雑な問題を含みますので,弁護士に相談するとよいでしょう.

外国人と離婚に関するその他の記事はこちら