夫の不倫,不貞により離婚調停中ですが,調停中の交際,不貞行為も不倫の期間に含まれますか?

不貞行為とは,配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。

この定義からすると,調停中の肉体関係についても,不貞行為に当たることになります。

ただ,婚姻関係がすでに破綻している場合,その不貞行為は,離婚原因とならないばかりか,慰謝料請求原因ともなりません。

上記質問は,調停中の不貞行為についても,離婚原因や慰謝料請求原因となるのか,という意味と思われます。

上記質問がそのような意味であるとすると,回答は,「調停中の不貞行為が離婚原因や慰謝料請求原因となるかどうかは,すでに婚姻関係が破綻しているか否かによる。」ということになります。

そうすると,現在離婚調停中であり,すでに離婚については合意に至っていれば,婚姻関係はすでに破綻していると考えられますので,離婚合意前の不貞行為はともかく,離婚合意後の不貞行為は離婚原因や慰謝料請求原因に当たりません。

他方,離婚について合意に至っていない場合には,考慮を要します。

たとえば,夫の不倫により妻が離婚調停を申し立てた場合,合意に至っていない理由が,慰謝料額や財産分与などで納得がいかない等であれば,婚姻関係自体は破綻していると見てよいでしょう。

他方,夫が離婚調停を申し立てているが,妻は婚姻関係の継続を望んでいる場合には,なお婚姻関係が破綻していないと考える余地はありますので,その場合の不貞行為は,従前の不貞行為と併せ,離婚原因や慰謝料請求原因に当たりうるといえます。

もっとも,離婚について合意に至っていなくても,別居期間が長期化した場合は,やはり婚姻関係は破綻しているといえ,その場合の不貞行為は,離婚原因や慰謝料請求原因とはなりません。

以上のように,婚姻が破綻しているかどうかの判断は,簡単ではありません。

婚姻関係が破綻しているか否か,離婚原因や慰謝料請求原因となる不貞行為といえるかどうか,ご不明な点があれば,お気軽に当事務所までご相談ください。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い