Q 誰まで離婚を知らせるべきか

A 
 離婚したときに,誰まで離婚を知らせるべきかという問題があります。あまり良い知らせではないので,できれば知らせたくないですよね。一方で,変に詮索されたり陰で噂をされたりするのであれば,あらかじめこちらから知らせておいた方がよいような気もして,どうするか悩まれる方が多いようです。

 基本的には,必要がなければ特に知らせなくても問題はないでしょう。離婚に伴って名前が変わる場合は,相手のほうから察してくれるでしょうし,仮にそれで離婚が知られても,今のご時世,離婚はさほど珍しいことでもないですから,非常識な相手でない限り,離婚について根ほり葉ほり聞かれるようなこともないと思います。


 勤務先については,社会保険など諸手続の関係で離婚を知らせる必要がありますが,その場合も直属の上司や担当者などに対してのみ知らせれば足ります。また,お子さんの学校にも,離婚を知らせる必要がありますが,その場合も担任の先生に話しておけば足りるでしょう。


 当事務所は離婚・男女問題に注力しており,年間500件超のご相談をお受けしており,離婚後のご相談についてもアドバイスをさせていただいております。ぜひお気軽にご相談ください。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い