Q 子どもの国籍をどうすれば良いか

A 
 国際離婚の場合,離婚に伴い子の国籍もどちらか一方の国に決めなければならないのではないかと思われる方も多いようです。しかし,親の離婚に子どもの国籍は影響しません。

 国際結婚のご夫婦の間に子が生まれた場合,父母のいずれかが日本国民であれば,子は出生によって日本国籍を取得します。一方で,父母のいずれかが外国人である等の理由で,子が外国籍も取得する場合があります。このように,子が二つの国籍を取得している状態を二重国籍といいますが,日本では二重国籍が認められていないため,原則として子が22歳になるまでに,いずれかの国籍を選択する必要があります。一般的には,子が成人した際に子自身に国籍を選択させることが多いようです。

 このような国籍選択の手続は,親が離婚した場合でも変わりませんので,離婚後も子が相手の国籍を選択することは可能です。子が幼い状態で国際離婚する場合は,子が国籍について理解できる年齢になったら国籍選択について説明をする必要があるでしょう。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い