Q 離婚届の書き方が知りたい

A 
 離婚届をもらってきたけれど,書き方がわからないというご相談をお受けすることがあります。記載に不備があると受理されず,訂正のために何度も役場に足を運ぶことにもなり,大変煩雑ですよね。

 そこで,離婚届の書き方を簡単にまとめてみました。ぜひ参考にしていただければと思います。

(1)氏名欄

  婚姻中の氏名をそれぞれ記入してください。

(2)住所

  夫婦それぞれが現時点で住民票を置いている住所を記入してください。

(3)本籍

  夫婦の婚姻中の本籍及び筆頭者の氏名を記入してください。

(4)父母の氏名

  父母が婚姻しているときは,母の氏は書かず名だけを書いてください。

 続き柄は「長女,二女,三女…」というように記載します。

(5)離婚の種別

  どのような形式で離婚が成立したのかを記入してください。

(6)婚姻前の氏にもどる者の本籍

  婚姻によって氏を改めた者は,離婚により,

①婚姻前の氏のまま,もとの戸籍に戻る。

②婚姻前の氏のまま,単独で新しい戸籍をつくる。

③婚姻中の氏を続ける。

のいずれかを選ぶことになります。

①の場合,「□もとの戸籍にもどる」にチェックします。

②の場合,「□新しい戸籍をつくる」にチェックした上で,新戸籍の本籍及び戸籍筆頭者の氏名(自分の定めた場所と姓名)を記入します。

③の場合は,この欄は記載せず,別途,「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。

(7)未成年の子の氏名

未成年の子がいる場合,夫婦のどちらが親権を行うか決めて,子の氏名 を記入してください。成年の子については記載する必要がありません。

(8)同居の期間

  同居を始めたときの年月は,結婚式をあげた年月または同居を始めた年月のうち早い方を記入してください。

(9)別居する前の住所

 別居をしていない場合は記載不要です。

(10)別居する前の世帯のおもな仕事と夫婦の職業

 世帯主の仕事にチェックを入れるのが一般的です。

(11)届出人の署名押印

 必ず本人が署名押印をしてください。

 認印でも可能です。

ただし,夫婦は別の印鑑を使用してください。

(12)証人

20歳以上の成人2人(親族でも可)が署名捺印をしてください。

証人はそれぞれ別の印鑑を使用してください。

夫婦と証人は,別の印鑑を使用してください。

(13)その他

面会交流,養育費の分担に関する記入欄がある場合,必要事項を記入します。


 通常は,市区町村窓口の職員が書き方を説明してくれます。離婚届と併せて書き方の説明書を配布している市区町村もあります。また,法務省のホームページにも記載例が載っていますので,参考になるかと思います。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い