質問

どの程度のDVがあれば離婚が認められますか?

回答

「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)に該当するか否かが問題となります。

実務上,重大なものであれば該当し,そうでなければ該当しないとされています。

重大か否かは,DVの内容,期間・頻度,被害の程度,DVに至る原因などから判断します。たとえば,妻になんら落ち度がないのに,夫が妻に殴る蹴るなどして,入院を余儀なくされるような怪我を負わせた場合がこれに該当すると考えられます。

ただ,重大でないと判断されたとしても,その他の事情も考慮したときに,離婚原因が存在すると判断される可能性もあることに注意が必要です。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い