協議離婚の仕方

協議離婚は,必要事項を記載し,夫婦が署名押印した離婚届を市町村役場に提出すればできます。
協議離婚に最低限必要な決めごとは,離婚の合意と,お子さんがいる場合の親権者の合意です。ただ,協議離婚にあたり,養育費,面会交流,財産分与,慰謝料などの離婚の条件も文書にしておかないと,後日,「言った」,「言わない」といったトラブルになるおそれがあります。そこで,夫婦間で,協議離婚にあたり,離婚協議書を作成することをお勧めします。
離婚協議書とは,離婚の条件について夫婦間で決めた合意書のことです。

もっとも,離婚協議書を交わしただけでは,協議書で決めた約束が守られない場合,訴訟を起こし確定判決を得るなどしなければ,相手の財産の差押えなどの強制執行ができません。

そこで,訴訟を起こし確定判決を得るなどしなくても,直ちに強制執行できるようにするために,執行認諾文言付の公正証書を作成します。また,合意により年金分割をする場合,公正証書が必要な場合があります。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い