面会交流の決定

まずは父母の協議で決めますが,もし決まらない場合は,家庭裁判所に面会交流の調停または審判の申立てをします。

申立てをする裁判所は,調停のときは相手方の住所地,審判のときは子どもの住所地の家庭裁判所です。

面会交流を拒否された場合(子どもを引きとっている母親に面会交流を拒否された場合)は,家庭裁判所に面会交流の調停または審判を申し立てます。通常はまず調停を申し立て,調停が不成立であれば,手続きは移行して審判になります。

 

ただ,面会交流は,無制限に認められるというわけではなく,子どもの福祉を害したり,子どもの意思に反する場合は,制限される場合があります。いったん認められた面会交流も,子どもに悪影響を与えたり,子どものためにならないと認められる場合には,一時停止される場合があります。

 

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い