ご相談

Xさん(40代・女性・パート)は,Y(50代・男性・会社員)が犯した罪をきっかけに,夫婦関係が悪くなり,離婚を考えるようになりました。XさんがYに対して離婚の意思を伝えたところ,Yが離婚に応じないため,Xさんは,きちんと離婚が出来るか不安になり,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

まず,当事務所は,Yに対してXさんと離婚をしたくない理由を確認しました。すると,Yは,Xさんや子ども達に対する愛情を理由として離婚を拒んでいることが分かりました。しかし,Yは精神的に不安定で,Xさんや子ども達に対し,危害を加える危険性もあるため,到底復縁は難しい状況でした。また,Yは精神的に不安定であったため,単にXさんが復縁の意思がないことを伝えると,どのような行動に出るか分からないため,伝える方法を工夫をしなければなりませんでした。
そこで,当事務所は,Yの精神状態に配慮しつつ,XさんにはYと復縁する意思がなく,子ども達も復縁を望んでいないことを粘り強く伝えました。

活動の結果

その結果,YはXさんとの復縁を諦めて,離婚条件の話し合いに応じるようになりまいた。そして,親権や財産分与などの離婚条件についてはきちんと取り決め,無事,協議離婚をすることができました。

解決のポイント

相手方が復縁の意思を有している場合,こちらに復縁の意思がないことを相手方に伝えるのは,離婚条件についての交渉をスムーズに進める上で,大事なことです。しかし,精神的不安定な相手方の場合,単に復縁の意思がないことを伝えたとしても,それによりトラブルを引き起こし,離婚条件についての話し合いがとん挫する可能性があります。
当事務所は,離婚に関する豊富なノウハウに照らし,交渉をスムーズに進めるための工夫をすることで,依頼者の希望する協議離婚という結果を得ることができました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い