調停で依頼者の主張をサポートし,妻の主張を退けて調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・会社員)は,Y(20代・女性・無職)から離婚調停を申し立てられ,高額な財産分与の主張などYが不当な要求をしてくることが考えられたので,ご自身だけで調停に臨むことに不安があったことから,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは,Yのこれまでの子育ての様子から,Yを親権者とすることに不安があり,自分が親権者となりたいと考えていたため,当事務所は,Xが親権者となるよう,その主張をサポートしました。また,Yは,自分に都合のいいように財産分与の金額を主張してきたため,当事務所は,財産分与の資料をきちんと提出して,こちらの主張が正しいことを示すなど,Xさんのために活動しました。

当事務所の活動の結果

Xさんは,調停でのやりとりのなかで,Yがきちんと子育てをするということが確認できたので,親権者はYとすることに合意しました。財産分与については,提出した資料等でYの主張は通らないとYを説得し,Xにしかるべき形で取り決めをし,調停離婚することができました。

解決のポイント

調停に一人で臨むことは,緊張もし,言いたいことが言えないのではないかと、不安が多いことかと思います。当事務所は,離婚に関する豊富なノウハウに照らし,調停の場で依頼者をサポートし,主張すべきことを的確に主張しつつ,調停離婚を成立させるという,依頼者の希望する結果を得ることができました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い