• 離婚 弁護士HOME
  • 頑なに離婚を拒むモラハラ夫を説得し,調停離婚できた解決事例

頑なに離婚を拒むモラハラ夫を説得し,調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)はY(30代・男性・会社員)からのモラルハラスメントに耐えかねて,家を出ました。XさんはYに対し離婚を求めましたがYはこれに応じず,1年にわたり膠着状態が続いていました。そんな中,Xさんはご友人から当事務所を紹介され,一度相談してみようと思い,当事務所を訪れました。
Xさんは当事務所のアドバイスを受けてYとの交渉を試みましたが,Yの態度は変わら,挙句の果てにYが仕事を辞めてしまいました。Xさんは,大ごとにしたくないという気持ちもあり,弁護士に依頼すべいか悩まれましたが,これ以上1人ではどうすることもできないと考え,当事務所へのご依頼を決意されました。

当事務所の活動

当事務所がYと交渉したところ,Yは,Xさんへの愛情と経済的な不安を理由に「裁判で強制的に離婚させられるまでは離婚に応じない」と言い,頑なに離婚を拒みました。当事務所は,無職のYがXさんに婚姻費用を請求するおそれがあることから,早急に離婚を成立させるべきと判断しました。そこで,すぐに離婚調停を申し立て,Xさんの離婚意思が固いことを示すとともに,現時点で離婚に応じるのであれば解決金を支払う旨提案し,Yに揺さぶりをかけました。

当事務所の活動の結果

Yはしばらく離婚を拒む様子を見せましたが,3回目の調停でついにXさんとの復縁を諦め,調停離婚に応じました。これにより,XさんはYへの婚姻費用の支払を回避し,Yと離婚することができました。Xさんは,Yの態度によっては訴訟提起も覚悟しておられたため,調停段階で離婚が成立したことに対し,大変お喜びの様子でした。

解決のポイント

相手方が離婚を拒む場合,離婚が成立するまでに時間がかかる場合があります。当事務所は,離婚に関する豊富なノウハウに照らし,さまざまな方法で相手方に揺さぶりをかけ,頑なに離婚を拒む相手方への説得を試みることが可能です。どうぞお気軽にご相談下さい。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い