• 離婚 弁護士HOME
  • 不倫した夫と共有の家を,住宅ローンを処理しつつ売却して調停離婚できた解決事例

不倫した夫と共有の家を,住宅ローンを処理しつつ売却して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は,Y(20代・男性・会社員)と結婚し,子をもうけ,住宅も購入しました(住宅は共有,住宅ローンは連帯債務でオーバーローン)が,Yに不貞の疑いがあったため,離婚を考えましたが,不貞の証拠を得る方法や住宅ローンの処理方法がわからず,専門家の力を借りることを決意し,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,Xさんに,かねてからお付き合いのある探偵事務所をご紹介したところ,Xさんは,不貞の調査結果を得ることができまし。そこで,不貞相手に対する慰謝料請求とともに,Yとの離婚についても依頼を受けました。

当事務所は,離婚調停を申し立てた後,相手方代理人と調整しつつ,Xさん,Yに,かねてからお付き合いのある大手不動産会社をご紹介して売却の話を進めました。

 

当事務所の活動の結果

その結果,Xさんは,住宅の売買契約後の期日において,まとまったお金を用意できないYの代わりにオーバーローン分を負担する代わりに,後日のその精算を受けるとの内容の離婚調停を成立させることができました。

解決のポイント

当事務所は,探偵事務所様や不動産会社様と協力関係にありますので,不貞の証拠を集めたいときや不動産の売却をお考えのとき,適切な業者をご紹介することができます。

また,当事務所には,宅建取引士(従来の宅建主任)の資格を有する弁護士が在籍しておりますので,住宅の売却について,きめ細かなアドバイスが可能です。

不貞の証拠を集めたい方,住宅の売却を考えている方は,当事務所までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い