• 離婚 弁護士HOME
  • 妻の移送申立を封じつつ,相当な条件で調停離婚できた解決事例

妻の移送申立を封じつつ,相当な条件で調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は,Y(20代・女性・無職)とYの両親と同居をしていましたが,ご夫婦のいさかいがもとで,Yの両親から家を出ていくよう求められ,どのように対応すればよいかわからず,当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動と結果

Yが婚姻費用分担の調停を起こしていたため,当事務所は,同じ裁判所に離婚の調停を起こしました。Yは移送申立をしてきましたが,当事務所は,これを封じるとともに,Yとの間で,相当な条件で調停離婚を成立させることができました。

 

解決のポイント

当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウに照らし,相手方の移送申立を封じるとともに,相当な条件で調停離婚を成立させることができました。相手方が遠方にいるなど,管轄でお困りの場合も,まずは当事務所にご相談ください。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い