現在,新型コロナ対策として,オンライン相談に対応しております。      1月20日に離婚サイトをリニューアルしました。

Q DV夫とどうすれば離婚できるか?

NO IMAGE

Q 夫のDVから逃げて、現在は別居をしています。どうすればスムーズに離婚できるでしょうか?

DV,暴力離婚は裁判を起こさない限り,夫と離婚の合意をする必要があります。

まず,離婚届を提出するだけなら,離婚と親権(20歳未満のお子さんがいるなら)について合意あればできます。離婚届を書き,夫に対して郵送するなりし,署名押印を求めるのが1つの手としてあります。

しかし,この手段では,現在お住まいの住所が夫に知られてしまう可能性があります。ご実家がすでに知られているなら,ご実家を通してやりとりすると良いかもしれません。

すんなり対応してくれればよいのですが,そうでない場合は,交渉する必要があります。

その手段として,婚姻費用の分担調停を申し立てるとよいでしょう。
婚姻費用とはいわゆる生活費のことで,その分担の申立てとは,実際同居していたら相手が負担していたであろう費用を請求することをいいます。

婚姻費用の金額は,基本的には夫婦の収入により決まります。もし,夫の収入の方があなたの収入よりも高額であれば,夫にはあなたに対して婚姻費用を支払う義務が生じます。

調停を申し立てても,現住所の秘匿を申請すれば夫にあなたの現住所を知られることはありません。また,調停では,交互に申立人と相手方の話を聞きますし,申請をすれば,出頭時間や退出時間に配慮してもらえるので,夫と裁判所で顔を合わすことになる危険も低いです。

夫は,婚姻期間が続く限り,婚姻費用を支払い続けなくてはならなくなるため,離婚に応じてくれる可能性は高くなります。

DV,暴力に関するその他の記事はこちら