Q 財産分与の対象を知りたい

A 

・結婚前の預貯金まで財産分与になるのだろうか

・借金は財産分与の対象となるのだろうか

・保険は財産分与の対象となるのだろうか

・退職金は財産分与の対象となるのだろうか


 財産分与について,このようなお悩みが尽きません。


 夫婦が婚姻中に共同で築いたといえる財産は,名義を問わず,財産分与の対象となります(これを,「分与対象財産」と呼んでいます。)。


 そのため,分与の対象は,原則として別居時の財産であり,別居後に築いた財産は,夫婦が共同で築いていないため,分与の対象とはなりませんし,婚姻中の財産の増減も関係ありません。また,婚姻前からの預金,貯金や相続や贈与によって得た預金,貯金も,分与の対象となりません


 そして,借金も,マイナスの財産ですので,財産分与の対象となります

 
 では,保険はどうでしょうか?


 保険については,別居時の解約返戻金額(実際に解約しなくても,仮に別居時に解約した場合に戻ってくる額)が財産分与の対象となります。これは,保険会社に問い合わせれば教えてくれます。


 以上のとおり,財産分与の対象が何かについては,さまざまな問題がありますので,ご自身では取り扱いを間違えるおそれが大きいといえます。


 当事務所は,財産分与について多数の取扱い事例があり,特に姫路の裁判所や裁判官の運用についても最新の情報を持っていますので,財産分与の対象を知りたい方は,お気軽に当事務所までご相談ください。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い