Q 養育費が欲しい

A 
 養育費を最後まできちんと支払ってもらえるのだろうか,途中で支払われなくなった場合には泣き寝入りするしかないのだろうかというご不安をお持ちの方も多いかと思われます。養育費は,お子さんにとってとても大切なものですから,そのようなご不安をお持ちになられるのももっともです。

 子どもが生活するために必要なお金を「養育費」といいます。親権者にならなかった親も子どもを育てる責任がありますので,養育費を負担しなければなりません。

 一刻も早く離婚したいとか,離婚後はきっぱり縁を切りたいというような理由で養育費をもらわないことにする人もいるようですが,養育費は子どもにとって大切なお金であるのできちんともらうべきです。

 では,養育費が欲しい場合,どうすれば養育費をもらうことができるのでしょうか。養育費の分担の取り決めについてのチェック欄がある離婚届もあるように,養育費をもらうためには,取り決めをする必要があります。したがって,離婚するときにしっかり決めておくことが非常に重要となります。養育費を取り決める際には,月々いくらを何歳まで支払うのか,というようなことを決めることになります。

 ただ,離婚をする際に取り決めをしたとしても,養育費は長期間に渡って払い続ける必要のあるものですから,途中で支払われなくなってしまうということもありえます。そのような場合に泣き寝入りしないといけないというのであれば,お子さんのためになりません。したがって,養育費が支払われなくなったときに備える必要があります。

 では,どうすればよいのでしょうか。

 話し合いで離婚をし,養育費を決めた場合に,将来も養育費を確実に受け取りたいのであれば,「公正証書」というものを作成しておくことが大切です。公正証書を作成していれば,養育費を負担する義務のある親が養育費を支払わなくなった場合に,強制執行といって,その親の給与や預貯金のお金を差し押さえて,養育費の支払いに充てることができるのです。養育費を負担する義務のある親が,給料をもらっているサラリーマンであれば,毎月支払われる給料を差し押さえることができるので,大きな効果があることになります。

 したがって,話し合いで離婚をし,きちんと養育費が欲しい場合には,しっかり取り決めをし,支払われなくなった場合に備えて公正証書を作成するということが必要です。

 当事務所は,養育費をしっかり取り決め,しっかり回収することに重点を置いていますので,養育費が欲しいけれどもらえるのかどうかお悩みの際は,お気軽にご相談ください。

   ⇒養育費に関する記事はこちら!

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い